カードローンの在籍確認の時に気をつけること

お金はいつ必要になるかわからないので、日ごろからしっかり蓄えておくことが大事です。
しかしいろんな事情でお金を蓄えられない人もいます。
どうしてもまとまったお金が必要だけど、周りにお金を貸してくれる人がいない場合は、銀行や消費者金融などが扱うカードローンやキャッシングに申込むといいでしょう。
担保や連帯保証人は必要ないので、簡単な手続きだけで借りることができます。
カードローンやキャッシングに申込めば、誰でも借り入れができるわけではなく、審査に通る必要があります。
審査には勤務先に電話をかけて、本当に申し込み用紙に書かれた職場で働いているのか確認する在籍確認もあります。


勤務先に電話がかかってくると、周囲に借金をすることが知られるんじゃないかと不安に感じる人もいますが、金融業者名は名乗らず担当者の個人名を名乗るので、周囲に借金を知られる心配はいりません。
確認内容も生年月日や住所の確認など、簡単なものなので時間もかからずにすぐに終了します。
営業などでその場にいなくても、その職場で働いていることがわかれば在籍確認は終了となります。
給与明細書や健康保険証など、その職場で働いていることを証明できる書類を提出することで、在籍確認の代わりにできる業者もあるので、担当者によく確認しておくといいでしょう。
WEB完結をおこなう業者もありますが、WEB完結ならば職場への確認や自宅への郵送などもなくなるのでとても便利です。


ただしWEB完結を利用する場合は、指定の口座があるなどの条件があるので、よく確認してから申し込みましょう。
カードローンに申込む時に気を付けることは、申込み用紙に記入する時に誤字脱字をしないことです。
誤字脱字をすると嘘の申告をしたと業者側に判断されます。
スマホで入力する場合は、入力ミスが多くなるので特に誤字脱字が多くなります。
他社からの借入がある場合も、正確に借入総額を申告することが大事です。
嘘の申告をしても信用情報機関に履歴が残っているので、すぐにバレてしまいます。