カードローン審査が通らない時はどんな問題が考えられる?

日々の暮らしの中でお金が不足するケースは多いものです。
そんな時に消費者金融や銀行などが提供するキャッシングサービスがあるととても便利です。
とりわけカードローンは一枚の個人カードを駆使して近場のATMから手軽に必要額を引き出すことができるのでとても使い勝手の良い借り入れサービスと言えるでしょう。

ただしこのカードローンを利用するにはまずはじめにしかるべき審査を通過する必要があります。
まずはネットや電話、店舗窓口、自動契約機、郵送などで申し込みを行うわけですが、その結果、先方の入念な審査が行われた上で、それらに通らない場合もあるので注意しなければなりません。


それではこの通らないケースではどのようなことが問題になるのでしょうか。
まずは申し込みを行った際にその必要事項の中に不明な点が含まれていることがあるでしょう。
さらに年収などの面で希望借り入れ額に比べてあまりにその稼ぎが少なすぎるといった場合には総量規制に抵触してしまいますので落ちるケースが高くなります。

さらに手順を進めていくと、信用情報機関への照会にて引っかかってしまうことが出てきます。
この信用情報には申請者の過去の借入履歴や返済履歴などが全て記録されており、もしも返済事故などを起こしている際にはすぐに判別できるようになっています。
また他社からの借入総額などもすぐに判明しますので、その合計額が総量規制の定める年収の3分の1という基準を下回っているかどうかも瞬時にわかります。


その上で、勤務先として記載された職場にも在籍確認の電話をかけ、本当に申請者の勤務実態があるのかどうかを確かめます。
この時、担当者が金融業者名や借金サービス名を明かすことはありません。
あくまで個人名にて電話をかけるので、申請者にとって不利になるということはないでしょう。

これら一連の流れを通して何も問題がない場合に限って最終的な審査通過となり、晴れて借入が可能となります。
店舗窓口や自動契約機などで新規カードを受け取るか、あるいは郵送にて届けてもらうなどして、それを手にした瞬間からカードローンの利用が可能となるのです。