金利や限度額など比べて納得のカードローンおすすめ比較

カードローンはここをチェック!

カードローンでの借り入れには、ぜひ以下のポイントに注目してみてください。

金利の違い

借入額が大きい場合や返済期間が長期化する場合などは、たとえわずかな金利の差でも、利息および返済総額に大きな影響を与えることになります。

このような理由からできるだけ低金利で借りる、というのがポイントの一つといえます。
ただし少額しか借入しないという人は、さほど金利に固執する必要はありません。

同じ利用額であればより金利が低いほうがお得にはなるのですが、少し借りてすぐに返すといったケースでは大きな負担になるような差は生じません。

返済額の違い

キャッシングしたら返済が始まります。
月々の返済額をいくらにするかによって、完済までの日数が変わってきます。

借入期間が長引くほど余計に利息がかかってしまうので、できるだけ早い完済が理想的です。
その一方で日常生活をキープするためには、あまり返済額を大きくしすぎるわけにもいきません。

こうした状況の中で、自分にもっとも適した返済額を設定できるかどうかが、金融会社選びのポイントの一つとなってきます。

繰上げ返済の可・不可

返済額に選択肢があるかどうかと同時に、もう一点確認しておきたいのが繰上げ返済についてです。

先ほど述べたように利息負担を軽くおさえるには早めの完済が有効なのですが、かといって毎月多めに返済するのはキツイという人がほとんどです。

そこで月々の設定額とは別に、金銭的な余裕が生じたときに追加で返済を行うと、借り入れ残高をグッと減らすことができます。

追加返済や繰上げ返済と呼ばれるこの返済方法は、金融機関によって利用条件が異なるため確認が必要です。

無利息サービスの有無

無利息期間を設けているところで借りれば、かなりお得に借入れできる可能性があります。

ただし無利息終了後の適用金利によっては最終的な返済総額は変わらなかったり、逆に高くつくこともあるため、事前によくチェックしておく必要があります。

借りたい金額はいくらなのか

カードローンでは利用限度額があります。
限度額は申し込み時に希望額を申請しますが、実際に決定されるのは審査においてです。

年収や勤務状況など利用者の細かな条件によって限度額は変わるので、消費者金融では総量規制による年収制限も関係してきますので、誰しも希望どおりに借りられるとは限りません。

そのカードローン会社は自分の目的に合った金額で利用できるのかどうか、総合的に判断する必要があります。

主婦がカードローン会社を選ぶなら

カードローンは収入があるかないかで申し込めるカードローン会社に違いがあります。
主婦・専業主婦は申込時に自分が申し込めるカードローン会社はどこなのかを確認しなければいけません。

こちらのサイトは主婦・専業主婦がどのローン会社に申し込みが可能かがわかります。
サイト名:かんたんWEBで申し込み完結!専業主婦でも借りられるカードローン特集
URL:http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html
申し込み前の確認に役立ててください。